雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2006-06-02

[]プレゼンテーション法(3) プレゼンテーション法(3) - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - プレゼンテーション法(3) - 雲雀は高く空を舞い プレゼンテーション法(3) - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

第2回(id:allegro:20060531:p2)の続き。基本技法を使っての描画。

f:id:allegro:20060603132001j:image

// 変数の宣言
int i, i_max, w, h;
color cl;

// 初期設定
w = 200;
h = 200;
i_max = 500;
//i_max =  2500;
//i_max =  5000;
//i_max = 10000;
        
// 描画領域の用意
size(w,h);
background(0);

// i_max回ランダムな向き、色、透明度25%でラインを描く
for(i=0; i<i_max; i++){
    cl = color(random(255),random(255),random(255),25);
    stroke(cl);
    line(random(w),random(h),random(w),random(h));
}

上の図はi_maxを500回(A)、2500回(B),5000回(C),10000回(D)としてそれぞれ保存、photoshopで一枚にして文字を書き込んだもの。

描画領域を制限する方法、文字を書き込む方法が分かればphotoshopを使う必要はないんだけど。

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20060602
テクノラティプロフィール