雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2006-06-11

[]日誌的に。/時変信号処理 日誌的に。/時変信号処理 - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - 日誌的に。/時変信号処理 - 雲雀は高く空を舞い 日誌的に。/時変信号処理 - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

うまくまとめるところまで分かりきらなかったので。

時変信号処理について。非定常信号処理とも言う?

時変信号処理は、時間によって性質が変わる様な信号。大雑把に言って。これに対する処理方法として、短時間フーリエ解析、とwavelet解析、と言うものがあるんだけど、その間を埋めるもの、として、コーエンのクラス?と言うものがあるとか。それに関する色々なんだけど、うーん、よく分からなかった。

追記。

定常信号(ずっと周期的な波が続く信号)に対して非定常信号というものがある。定常信号に対する解析手法としてフーリエ解析がある。これは、信号をサイン波の重ね合わせで表現することで、その信号の周波数を知りましょう、というもの。(大雑把に)

ところが、非定常信号だと、まぁ、色々良くないよね。と言うことで、例えばノイズがはいる様な信号に対して、確率信号処理、時間に応じて性質の変わる波に対して、時変信号処理、てのが考えだされた、と。

順番に、ある手法が考えだされたのは、以前までの手法のこう言うところがダメなのだ、というところを追いながら学習した方が分かりやすそう。

使った資料はあとでリンクを張る。

[]deal() deal() - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - deal() - 雲雀は高く空を舞い deal() - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

no titleより

cell配列や構造体の要素をそれぞれの変数に分配するには以前はdeal()関数を使うか,あるいは,loopを使用する必要があった.Matlab R14からは : を使う事でそれが可能となった.

deal()

[Y1, Y2, Y3, ...] = deal(X)
[Y1, Y2, Y3, ...] = deal(X1, X2, X3, ...)

: を使ったdeal()の実現

ここでセル配列Cと構造体Aを以下のように定義する.

C = {rand(3) ones(3,1) eye(3) zeros(3,1)};

A.name = 'Pat'; A.number = 176554;
A(2).name = 'Tony'; A(2).number = 901325;

deal()を使った要素の展開

[a,b,c,d] = deal(C{:})
[name1,name2] = deal(A(:).name)

これは以下のように実現される.

[a,b,c,d] = C{:}
[name1,name2] = A(:).name
トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20060611
テクノラティプロフィール