雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2006-06-14

[]「プレゼンテーション法」より (4) 基本技法を用いた描画(2) 「プレゼンテーション法」より (4) 基本技法を用いた描画(2) - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - 「プレゼンテーション法」より (4) 基本技法を用いた描画(2) - 雲雀は高く空を舞い 「プレゼンテーション法」より (4) 基本技法を用いた描画(2) - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

http://image.blog.livedoor.jp/cibicco/imgs/c/3/c381d114.jpg

// 変数の宣言
int i, w, h, step, c;
color cl;

// 初期設定
w = 400;
h = 400;
step = 4;
    
// 描画域の用意
size(w,h);
background(0);

// w/step = 400/4本のラインを引く
for(i=0; i<w/step; i++){
    // ライン色の設定
    cl = color(255/(w/step)*i, 32, 255-255/(w/step)*i, 50);
    stroke(cl);

    line(0,i*step, i*step,h); //始点(上端, t), 終点(t, 下端)
    line(w,i*step, i*step,0); //始点(右端, t), 終点(t, 左端)
}

こんな単純な式でもこんなに美しい。数式によるアーティスティックな表現が簡単にできる、って言うただこの一点だけでも、十分にprocessingを使う価値があると思う。

しかし、processingで外部ライブラリを用いることなく扱える数学演算はごくわずか。

ここでの数式はプログラム中にも書いてあるけど、始点 (0,t) , 終点 (t,400) の直線と、始点 (400,t), 終点 (t, 0) の直線をそれぞれ t を 0 から 4 刻みで 400 まで。


描画のところをちょっとだけ変えて描画。

http://image.blog.livedoor.jp/cibicco/imgs/7/9/79b2bb47.jpg

int i, w, h, step, c;
color cl;

w = 400;
h = 400;
step = 2;
    
size(w,h);
background(0);

for(i=0; i<w; i++){
    cl = color(255/(w/step)*i, 32, 255-255/(w/step)*i, 50);
    stroke(cl);
    line(0,w*sin(i*step), h*cos(i*step),h);
    line(w,w*cos(i*step), h*sin(i*step),0);
}

こちらは,始点 (0, 400*sin(t)), 終点 (400*cos(t), t) の直線と、始点 (t, 400*cos(t)), 終点 (400*sin(t), 0) の直線をそれぞれ t を 0 から 1 刻みで 400 まで。400 は描画領域のサイズ.


キーワード

cat::processing.org, processing.org

, ,

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20060614
テクノラティプロフィール