雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2008-05-07

LinuxUSBフラッシュとかUSB HDDをマウントするには (mountコマンド) LinuxでUSBフラッシュとかUSB HDDをマウントするには (mountコマンド) - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - LinuxでUSBフラッシュとかUSB HDDをマウントするには (mountコマンド) - 雲雀は高く空を舞い LinuxでUSBフラッシュとかUSB HDDをマウントするには (mountコマンド) - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

@IT:USBフラッシュメモリを使うにはより。

FAT32でフォーマットされたUSBメモリとかをUSBポートにつないで、認識したかをdmesgでチェック。

Initializing USB Mass Storage driver...

usb.c: registered new driver usb-storage

scsi1 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices

Vendor: BUFFALO Model: ClipDrive Rev: 2.00

Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02

WARNING: USB Mass Storage data integrity not assured

USB Mass Storage device found at 3

USB Mass Storage support registered.

sda: assuming drive cache: write through sda: sda1

こんな感じで書かれてればOK。

そしたらマウントポイントを作ってマウントする。

マウントポイントを作るには

sudo mkdir /mnt/usbfm

[usbfm]は任意の名前で。

そしたらマウント。

sudo mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/usbfm/

sda1は機器によるのでdmesgで確認。usbfmは先ほどのマウントポイント。

後はこれを焼くなり煮るなりすればおk。

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20080507
テクノラティプロフィール