雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2009-11-11

[]オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

set, get methodを使う事で、classのプロパティにアクセスした際に何らかの処理を実行させることが出来る

methods
function set.<propertyname>(obj, value)
obj.propertyname = value;
disp('value was set!')
end

function value = get.<propertyname>(obj)
value = obj.propertyname;
disp(num2str(value))
end
end
a = classA;
a.propA = 4;
> value was set!

b = a.propA;
> 4


プロパティ set または get アクセスメソッド内からに限り、プロパティ値の設定、取得を行うことが可能です。set または get メソッドから他の関数を呼び出すことはできません。その関数から、プロパティ値にアクセスすることはできません。

リファレンスにはこう書いてあるんだけど、最後の「その関数」は、どの関数なんだろう…

[] get EXIF info  get EXIF info - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク -  get EXIF info - 雲雀は高く空を舞い  get EXIF info - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

exif情報を得るにはEXIFライブラリを使う

sudo port install py26-exif

import exif

fotofile = './test.jpeg'
exif = exif.process_file(open(fotofile,'r'))

あるいはPILでもできるとか。ただちょっとkeyの名前がわかりづらい。というかわからない

import Image

image = Image.open(fotofile)
exif = Image._getexif()

[] get image from web and save to local file  get image from web and save to local file - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク -  get image from web and save to local file - 雲雀は高く空を舞い  get image from web and save to local file - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

webから画像をダウンロードして保存するよ。urllibを使えばオッケー。

import urllib

urllib.urlretrieve(fotourl, savefilepath)

[]get RSS/Atom feed get RSS/Atom feed - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - get RSS/Atom feed - 雲雀は高く空を舞い get RSS/Atom feed - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

lxmlを使えば簡単…!とおもったけどfeed用のを使った方がもっと簡単かな、ということでfeedparserを使用。

port install feedparser
import feedparser
url = 'http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/rss'
feed = feedparser(url)

取得データはタグをキーとした辞書構造

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20091111
テクノラティプロフィール