雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2009-11-18

[] git入門 (2) githubとやりとりする  git入門 (2) githubとやりとりする - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク -  git入門 (2) githubとやりとりする - 雲雀は高く空を舞い  git入門 (2) githubとやりとりする - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

gitのリモートリポジトリをローカルへ。

cloneの作成

git clone git@github.com:pneu/chat.git

このときchat/という作業領域も確保される

ブランチを切る

git branch <branchname>

ブランチの確認

git branch

* master

branch1

*がアクティブなブランチ

切ったブランチへのスイッチ

git checkout <branchname>

リモートリポジトリにローカルリポジトリの変更を反映

git push origin <branchname>

リモート<origin>のブランチをローカルリポジトリ<master>にコピー

git fetch origin <remote-branch>:<new-local-branch>

追記

コメントいただきました。

clmemo@aka: Git で他の人と共同開発する

とかを見るとちょっとわかりやすい、ような。ちょっとまだ概念をちゃんとつかめてないんだけど、

git fetch

でリモートリポジトリの情報を更新(?) (この動作は、自分自身の(master含む)ブランチについては何も変更しない)。このあと必要事項だけcheckoutするとか何とか。

WEB+DB PRESS Vol.50がgit特集だったようなので入手してこよう。


後はここら辺見る

ふ2009/11/18 01:51"git fetch origin <src>:<dst>" は間違いではありませんが古風ですね。現代のgitなら、単に"git fetch"して、origin/<branch>から使う、というのが標準的だと思います。

ネタ元のウェブページを更新してもらったら良いかも知れません。

allegroallegro2009/11/18 10:43ありがとうございます!そこら辺はちゃんと押さえておかないと使用時に混乱しそうなので勉強します、ありがとうございました!

pneumasterpneumaster2009/11/18 20:03こんにちは。
gitコマンドでの挙動を調べつつ追記いたします。

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20091118
テクノラティプロフィール