雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2007-02-12

実数データの演算  実数データの演算 - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク -  実数データの演算 - 雲雀は高く空を舞い  実数データの演算 - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

実数 (すなわち、 非複素数) の演算を行う場合、 実数に対して特別に設計された MATLAB 関数の使用がより効率的です。 つぎの関数は、実数である数値を返します。

  • reallog
    • 非負実数配列に対する自然対数の検出
  • realpow
    • 実数のみの出力に対する配列のベキの検出
  • realsqrt
    • 非負実数配列に対する平方根の検出

適当な論理演算子の使用

論理演算子AND または OR を実行する場合、それぞれのタイプの 2 つの演算子を選択します。

  • &, |
    • 要素毎に論理演算子 AND および OR を配列に実行する
  • &&, ||
    • ショートサーキットを使用して、論理演算子 AND および OR をスカラ値に実行する

if と whileステートメントにおいて、ショートサーキット演算子として、論理 AND に対して&& 、 論理 OR に対して、||を使用することがより効率的です。なぜなら、これらの演算子は、多くの場合、論理式全体を評価する必要がないためです。たとえば、 MATLAB は、入力引数の数が 3 より小さい場合、この式の最初の部分のみを評価します。

if (nargin >= 3) && (ischar(varargin{3}))
トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20070212
テクノラティプロフィール