雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2007-02-12

メモリの効率的な利用  メモリの効率的な利用 - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク -  メモリの効率的な利用 - 雲雀は高く空を舞い  メモリの効率的な利用 - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

倍精度でない行列の事前設定

(1) A = int8(zeros(100));
(2) A = zeros(100, 'int8');

(1)のステートメントに対して(2)のほうが効率的。(1)のステートメントは、まず完全な double の行列を作成することによって int8 の 100×100 の行列を事前割り当てし、各要素を int8 配列に変換します。 これでは時間もメモリも不必要に浪費してしまいます。

MEX-ファイル内のコーディングループ

for または whileループを使う必要がある場合、MEX-ファイルでループをコード化します。この方法により、ループ内の命令を実行するたびに翻訳する必要がなくなるため、ループの実行速度は上がります。

External Interfaces ドキュメントの "Introducing MEX-Files" を参照してください。

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20070212
テクノラティプロフィール