雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2009-11-11

[]オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い オブジェクト指向な書き方 at Matlab 2008a (2) プロパティアクセス - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

set, get methodを使う事で、classのプロパティにアクセスした際に何らかの処理を実行させることが出来る

methods
function set.<propertyname>(obj, value)
obj.propertyname = value;
disp('value was set!')
end

function value = get.<propertyname>(obj)
value = obj.propertyname;
disp(num2str(value))
end
end
a = classA;
a.propA = 4;
> value was set!

b = a.propA;
> 4


プロパティ set または get アクセスメソッド内からに限り、プロパティ値の設定、取得を行うことが可能です。set または get メソッドから他の関数を呼び出すことはできません。その関数から、プロパティ値にアクセスすることはできません。

リファレンスにはこう書いてあるんだけど、最後の「その関数」は、どの関数なんだろう…

トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20091111
テクノラティプロフィール