雲雀は高く空を舞い このページをアンテナに追加 RSSフィード

「ひよこは高く空を舞い」について

2006-05-28

[]ライフゲーム ライフゲーム - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - ライフゲーム - 雲雀は高く空を舞い ライフゲーム - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

ライフゲーム - Wikipedia

ライフゲーム1970年イギリス数学者ジョン・ホートン・コンウェイ (John Horton Conway) によって考案された生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを再現したシミュレーションゲームである。生物集団においては、過疎でも過密でも個体の生存に適さないという個体群生態学的な側面を背景に持つ。

セルの生死は次のルールに従う。基本的な考えは「過疎状態でも過密状態でも生き残ることはできない」というものである。

  • 誕生
    • 死んでいるセルの周囲に3つの生きているセルがあれば次の世代では生きる(誕生する)。
  • 維持
    • 生きているセルの周囲に2つか3つの生きているセルがあれば次の世代でも生き残る。
  • 死亡
    • 上以外の場合には次の世代では死ぬ。

セル・オートマトンの一種。セル・オートマトンについてはのちほど。


[]mimeTeX メモ mimeTeX メモ - 雲雀は高く空を舞い を含むブックマーク はてなブックマーク - mimeTeX メモ - 雲雀は高く空を舞い mimeTeX メモ - 雲雀は高く空を舞い のブックマークコメント

[tex:x]
[tex:x^2]
[tex:x^{xy}]
[tex:e_2]
[tex:e_{xy}]
[tex:(x+y)]
[tex:\{x+y\}^2]
[tex:x\gt y]
[tex:x\lt y]
[tex:\int_{t0}^{t1} adt=v]

x

x^2

x^{xy}

e_2

e_{xy}

(x+y)

\{x+y\}^2

x\gt y

x\lt y

\int_{t0}^{t1} adt=v

ゲスト



トラックバック - http://chick.g.hatena.ne.jp/allegro/20060528
テクノラティプロフィール